スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
物語1
にやっとした瞳の顔が恐かった・・・・今まで見たことの無い顔・・・
「勇気k!さっき瞳とケンカした?」
「うんまぁすぐ仲直りしたけど・・・!あんがいいい奴だった」
勇気kそんな事今言わないでよ・・・心の中で思った・・・
「うん!瞳はヤバイいい奴だからね^^」
「あっ!そうだまだ桜井sに言ってなかったヨネ!」
「ん?」
「俺と瞳付き合うんだ!」
「えっ!」
へぇ!てっかいつの間に!
「ふぅん頑張ってね^^瞳ちょーかわいいから大切にしないと許さないからね」
言いたくなくても言ってしまう・・・・
「おう!」
「ゆうやぁ」
遠くから瞳の声がする・・・やめてヤメテェ!
「いゃぁ!」
「どうしたんだよいきなり!桜井s?」
「大丈夫?雅?」
「話しかけないで!お前のせいで・・・・!!!」
「桜井sいくらなんでもひでぇよ!」
「はぁ!お前もウザイんだよ!」
あっ!ダメだよね・・・こんなこと言っちゃたら・・・・好きなんだよね!アタシ
ここにいるのが辛くなった・・・私はもうダッシュでその場から離れた・・・
あいつなんかいなくなれば良いのに!
考えてはいけないことが浮かんでくる・・・
どうしても自分を抑えられない・・・・
このまま瞳と勇気kはどうなるのかな?
こんなことも考えてしまう
「ああぁ雅大丈夫かな?まぁあんな奴最初からそうでも良かったけど」
「えっ?今なんていった?」
「別に!」
「なんていったんだよ!」
「あんな奴」
「お前・・・・まぁ本当に意味が分からない奴だけどww」
えっ!あの人もそう思ってたんだぁ!わたしは教室に戻る途中に聞いてしまったふたりのかいわ・・・・
そのとき私の中で何かが・・・二人に対するにくみがうまれた

5話に続く
スポンサーサイト
【2007/12/27 19:42】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<< | ホーム | ^^>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rilyousuketinenn.blog17.fc2.com/tb.php/12-7909359a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。